--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.25

堅田の一休さん



この人物は誰でしょう そうです なむ~とんちの 一休さんです。
大津市が、一般公募で選んだイメージキャラクターで青年になった頃
ここ堅田に修行に来られたそうで、”堅田の一休さん”と言われています。

P1000382.jpg

このお寺は祥済寺 (臨済宗大徳寺派の寺です)
寺の前に(一休和尚修養地)と書かれた石碑が、立てられています。
一休宗純は22歳~34歳まで かそう禅師の元で厳しい修行をされたそうです。
貧乏だったお寺の為、京に行き内職をしていたと言われています
香袋や、雛人形を作っていたらしいですよ。
多感な青年時代なのに、浮いたお話は無かったそうです。真面目だったんですね。

P1000375.jpg

松尾芭蕉も時々訪れたそうで 「朝茶飲む 僧静かなり 菊の花」
と詠まれた俳句も石に刻まれています。
普段はなにげなく通り過ぎてしまう様な静かな住宅街にあります。
お寺の拝観は、予約しないとだめなんだそうですけれど。
いろんな難問も なむ~~とんちで解決 
面白いでしょうね。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kenrin.blog45.fc2.com/tb.php/48-26b2681c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
先日はコメントありがとうござました。

「一休さん」なんだか懐かしい響きです。
小さい頃、アニメの一休さんが大好きで、
よく観ていました。
実際の方はとても真面目だったんですね。

また遊びに来させてもらいますね。
それでは、今後もよろしくお願いします♪
Posted by Minnie at 2006.04.25 17:43 | 編集
わたしは、意味も無く、お寺がすきなんです。
なんとなく、見るだけで落ち着くようなホッとするような・・・・
Posted by 寿司屋のおかみさん小話 at 2006.04.25 19:14 | 編集
かわいらしいイラストが登場した~と思ったら一休さんでしたか。
貧しくとも志の高い修行をされていたのですね。
私はお寺の匂いが好きです。
心が安まりますね。
Posted by 南天 at 2006.04.25 21:56 | 編集
祥済寺(しょうずいじ)へは、足を運んだ事がないのですが
本堅田にある鶴屋博道(つるやはくどう)の一休餅は好きで、
よく食べました♪
だめですね、つい食べ物に関心が(^^ゞ
松尾芭蕉といえば、西武大津の近くに、
芭蕉のお墓がある義仲寺(ぎちゅうじ)があります。
またお買物のおついでにでもお立ち寄りください。
それにしても、こんなキャラクターがあったとは、知りませんでした。
Posted by アンジェリカ at 2006.04.25 23:38 | 編集
昨日は、コメント有り難うございました。
と~ても、嬉しかったです。(^_-)-☆
一休さんですね。
私も、「一休宗純」の事は、2~3日前に 「花は桜木」の記事に
「花は桜木 人は武士 柱は桧 魚は鯛 小袖はもみじ 花はみよしの」と言う言葉をアップしたばかりです。
きゃ~。やはりsetukosanとは、春の選抜高校野球ばかりでなく、
なんか、因縁みたいな物が。。。(勝手に 気が合うと言わんばかり。。。すみません。盛り上がってしまって。。。)

一休さん。
あのトンチは、ほのぼのとして暖かいですよね。
でも、知られざる一休宗純も、また面白いです。

松尾芭蕉といえば、
奥の細道である山形の「蚶満寺」へ昨年行ってきました。
松林の中。「松尾芭蕉像」が立っていましたよ~。(凄く猫ちゃんの多いお寺でした。)

東北だって、結構良い所あるんですよ~
でも、私は 暖かい所に住みたいです。(懇願)
Posted by ルーズメリー at 2006.04.26 09:40 | 編集
一休さん・・・昔、アニメや本を見てました。
青年になった一休宗純。
想像もしたことなかったです。
でも、祥済寺で過ごされていたと知らされて安心しました。
(ってなにが安心したんだ?^^;)

子供心に、武器や必殺技を使わずに”とんち”で解決してしまう一休さんがかっこよかったのを覚えてます。

Posted by kaisei at 2006.04.26 13:48 | 編集
と~い所からv-233(笑)ありがとうございました。
そちらの方には、日本のお話の本も売っているのかな?
今の子供達はどんな反応をするんでしょうね。
また おじゃましますね。
Posted by setukosan at 2006.04.26 23:31 | 編集
そうですよね なにか背筋がピンと伸びるような気がします。
京都、滋賀、どちらもお寺が多い所です。
拝観料がもう少し安いといいなあ・・・v-427
Posted by setukosan at 2006.04.26 23:42 | 編集
いろんなお寺がありますがそれぞれ違った趣が、ありますね。
回廊に座ってお庭をみているのも、いいものですね。
平日に行くに限ります。v-106
Posted by setukosan at 2006.04.26 23:50 | 編集
一休餅、まだ食べてません お店どこか探してみます。
未だ滋賀県人になりきってませ~んv-395
義仲寺の近くよく通るんですが、中には入った事がないんです。
一度行ってみますね。
Posted by setukosan at 2006.04.26 23:59 | 編集
高校野球の記事を書かれていた時は、本当にびつくりしました。
新聞を見ていてどうかな~勝てるのかなあ と思いながらブログに訪問してえぇ~~ほんまかいな!異様に興奮しましたよ。
今回また一休さんで・・・ \(^▽^)/
これからも よろしくですv-275
Posted by setukosan at 2006.04.27 00:25 | 編集
コメントありがとうございます。
青年時代34歳までは、祥済寺なんですが~
はてさて これから先は???
安心されるのは、まだ早いですぞ~v-12
Posted by setukosan at 2006.04.27 00:34 | 編集
一般公募の一休さんキャラクター、
ほっとするような和み系ですね。
私もアニメのイメージがかなり強いですが、
実際の一休さんも好感の持てる人柄のようですね。
朝茶飲む・・の句、しみじみと良いですね^^
お寺の情景が浮かぶようです
Posted by すろう at 2006.04.27 11:31 | 編集
普段は人があまり訪れない静かなお寺んんですが
苔の上に椿の花びらが彩りを添えて風情がありましたよ
付近には
一休さんの名前の付いたおみやげが売られています
まだ買った事ないんですが・・・
Posted by setukosan at 2006.04.27 18:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。