--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.01

みんなの 意識

京都から引越して4年になりました。



びっくりしたのが、ごみ の分類です。今までは、生ごみと、ビンと缶(一緒に)この2種類だけだったんです。



ここでは、生ごみ、燃えないごみ、アルミ缶、ペットボトル、無色ビン、色つきビン、新聞、大型ごみ、こんなに沢山の分類です。
最初はとっても面倒でした。今までとは大違い。




それに公園や、観光地でも、ゴミ箱が、無い所が多いですし、ゴミ箱からごみが出て散乱している所もありません。




私達の琵琶湖じゃなく、みんなの琵琶湖、なんですね。
一時きえた葦も増え、在来魚も沢山たまごを産む様になったそうです。




若者たちが、水と戯れる姿が見られる季節になって来ましたよ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kenrin.blog45.fc2.com/tb.php/36-b9859f34
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
私の場合、setukosanとは逆の驚きでした。
分類するのが当たり前となっていた私は、
今住んでいる市の、ゴミの分別と出し方の
「ビンと缶は同じ袋に入れる」という一文にビックリ!
指定のゴミ袋がないどころか、
皆さん、まだ黒いゴミ袋を利用してらっしゃるi-183
中身の見えるゴミ袋で出しているのは、この辺りでは私だけ。。。
これって、どうなんでしょう。

ともあれ、琵琶湖が美しくなってくれる事は
喜ばしいです(^^)
Posted by アンジェリカ at 2006.04.01 18:03 | 編集
所によっていろいろ違うんですね。環境の事を考えれば、こまかく分類し透明の袋に入れるべきでしょうね。きれいな地球をまもる為に。
Posted by setukosan at 2006.04.02 00:32 | 編集
昔 琵琶湖で合成洗剤を使わない運動を知りました
その水は下流の大阪の水瓶です
みなさんのお陰で 安心して水道の水が飲めます
ありがとう
Posted by のんき at 2006.04.02 08:51 | 編集
自然を、五感で感じられる良い季節になってきましたね~

こちらのゴミの分類は、setukosanの周辺と同じです。

私のパートナーの実家は秋田の山奥で観光地でもなく、過疎地です。
ところが、独り暮らしをしていた姑が急に亡くなった時のあと片づけで出たゴミの数々。
びっくりです。ゴミの分類。
細かい上に、ダンボールは 〇〇cm四方に切る。
プラスチックの豆腐の空は 乾かした上にそれだけ重ねる。(もちろん牛乳パックの切り方もご指導あり)
新聞も、衣類もなんかあったと思います。
極めつけは、見えるゴミ袋に マジックで名前を書かなければなりません。
規定に反していると、家まで送り届けられます。
これが、4年前です。

あちこちで、自然環境を復元しようとする動きがあります。
私たちができる身近な事は、ゴミの出し方・なんでしょうね。
Posted by ルーズメリー at 2006.04.02 12:50 | 編集
setukosanこんにちは!
ごみ分別は地域によってかなりの差があるようですね。札幌は、燃えるごみ、不燃ごみ、びんかんペットボトル、プラスチックごみ、というように分かれていて、そう細かくはないけど
分類しているという感じです。きっと、これからもっと細かくなるでしょうね。最初は大変ですが、なれるとそうでもないですよ。時々間違えますけどね^^;
Posted by 寿司屋のおかみさん小話 at 2006.04.02 13:00 | 編集
琵琶湖を美しくしょうと、それぞれの地域の中学生たちが、砂浜に落ちている缶やごみを拾って歩くなどを授業の一環として採り上げています。大人として恥じない様、分類はきっちりしないといけません。
Posted by setukosan at 2006.04.02 22:36 | 編集
細かい分類ですね。おどろきです。でも、良く考えてみると水は天からの授かり物、水源地に近いほど、必要かも、綺麗な最上川はこうして守られているんですね。
Posted by setukosan at 2006.04.02 22:44 | 編集
おかみさんの所にお邪魔するのが楽しみでワクワクしながら、のれんをくぐってます。

子供達に美しい地球を残して上げるのは私達の役目ですよね。がんばりましょう。
京都=大阪=神戸と琵琶湖の水は、流れていきます。やはり皆の湖です。マザーレイク、アイラブ、びわこです。
Posted by setukosan at 2006.04.02 23:02 | 編集
私の住む町でもゴミ袋には名前を書きます。ただ収集車は1軒1軒回収して行ってくれます。
小さな自治体だからできることですが、面倒でも収集場所の掃除当番を設けなくて良く、責任の所在も明確です。
それにしても、ゴミは増える一方ですね。
詰め替え用が売ってなかったり、すぐに規格変更になったり、電化製品は修理不能だったり・・・。
もっと物を大切にする文化を育てていけたらと思います。
Posted by 南天 at 2006.04.03 17:46 | 編集
ひょっとして私より年上?という驚きでやってきました
私にも孫が二人、女の子ばかりです
上は5歳、下は2歳
ゴミは私のとこでは合併してから、名前を書かなくてはならなくなりました
若い頃とちがって、新しいことが苦手になりますよね、年とともに・・・
私もこの歳でブログ挑戦中です
今後ともよろしく♪
Posted by at 2006.04.03 21:53 | 編集
昔はその様に一軒ずつ収集でしたね。
透明袋に入れるのは此処に来てからです。
回収日のごみの量びっくりします。カラス避けのネットからはみ出ているんですよ。
それに大型ごみ、持って帰りたいような物沢山出てます。いけませんね~
Posted by setukosan at 2006.04.04 15:47 | 編集
たぶんそうだと思いますよ。おばあちゃんは先輩ですけど歳の方では私の方がね。(*^-^)
何でも入れ物に入れてあるのでごみも増えるはず、昔は新聞紙に包んでわたされたものです。
なぜかブログ訪問出来ませが・・・(ρ_;)
Posted by setukosan at 2006.04.04 16:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。