--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.11

ジャズ。。コルトレーン

。。。。。。。。。マイ・ フェイヴァリット・ シングス。。。。。。。。。。。。。。


P1010465.jpg


・・・・・・SIDE(1)
【1】マイ・ フェイヴァリット・ シング
【2】エブリタイム・ウィ・セイ・グッドバイ

・・・・・・SIDE(2)
【1】サマータイム
【2】バット・ノット・フォー・ミー

。。。。。。。。。。。。。(ピアノ) マッコイ・タイナー
。。。。。。。。。。。。。(ベース) スティヴ・デヴィス
。。。。。。。。。。。。。(ドラム) エルヴィン・ジョーンズ

**コルトレーン**

洋服仕立て職人の息子として生まれた
幼い時期に父に死別 一家が移り住んだフィラデルフィアで音楽を学び
海軍バンドで働き R&B バンドを転々とした

「まるで テナーの練習音にしか聞こえない」・・・と・・・
自分の音に対してもっとプリティな音を出そうと心掛けているとも
言っていた頃

1959年5月  アトランティク に吹き込み
マイルスの許を辞した1960年 この頃からソプラノ・サックスも手がける様に
こう言った時期に吹き込まれた 。コルト・レーン ジャズ 。
「マイ・フェヴァリッド・シングス」

リチャード・ロジャースの  **ザ・サウンド・オブ・ミュージック** ブロード・ウェイーで上演された時の主題歌になっている
スポンサーサイト
2006.06.28

ジャズが聞きたくて

3g11[1].gif
ジャズに関して詳しいことは何も知らない私なんですが
主人が大好きでレコードも沢山集めており、これがきっかけで
ジャズ喫茶をしていた事もありました。

その当時私はコルトレーン、マイルスなどを好んで聞いていましたが
これらはどちらかと言うと聞こうと構えて聞く方で
それよりも聞いていて軽やかな乗りのあるのがいいな~と言うと
出してくれたのがこのレコードなんです。

1900年前後 アメリカのルイジアナ州ニューオリンズに起こった音楽で
黒人ジャズメンで忘れてはならないのが  ”ルイ・アームストロング”(ジャズ王)
キング・オリウ”アの影響を受けた純粋のニューオリンズ・スタイルで演奏
素朴なフレージング、暖かいイントネーション・・・たった1音でサッチと分かる個性を
展開している。

それに比べて殆ど楽譜どうり演奏しているのが ”ベニーグッドマン”
テディ・ウイルソン  ライオネル・ハンプトン などを加えて史上初の
白黒混合編成を行なった事でも知られている。

P1010338.jpg

スイング王 ひきいる スイングミュージック

1938年1月16日 MYカーネギー・ホールでの歴史的コンサート
今までクラシックの殿堂であるこの場所でダンス音楽のジャズを演奏
をするなんて考えられなかった事だった様です
それを収めてあるのがこのレコードなんです。
ハイライトは何といっても彼のソロ  シングシングシング はあまりにも有名です

line1[1].gif


P1010330.jpg

               洗面所に一輪
3g11[1].gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。